競艇の初心者の私がボートレース観戦にハマッた理由とは

boatrace-guide4

ギャンブルの経験ゼロ! なのに競艇はとっても魅力的に感じられるのはなぜ?

私は30才の独身サラリーマンで、これまで毎日自宅と会社の往復で、毎日残業で息が詰まる日々でした。ある時、会社の先輩が飲みに誘ってくれてボートレースの話を始めたのです。休日に良かったら競艇に出かけてみないかと誘われ、本当はあまり乗り気ではなったけれど、気分転換になればと思い、出かけることに。

よく考えたら30年間の人生の中で、パチンコをしたこともなければ麻雀をしたこともなく、俗に言う営ギャンブルには無縁でした。先輩はそんな私が真面目過ぎるからもう少し遊び心を持てるようになればと思い、誘ってくれたのでした。競艇はまったくの初心者どころか、この年になってギャンブルというものを経験したことがない、私はちょっと珍しい存在のようです。

競艇のルールはなにひとつ知らず、小学校の徒競走のように到着順を競い合うものかと思っていましたが、実際に競艇場に出かけてみると、その場でしか味わえない緊張感が伝わってきますね。

競技が始まる前はリラックスしていたボートレーサーたちも、試合が始まると獲物を狙うハンターのような険しい顔つきになり、初めての競艇体験はとても素晴らしいものでした。競艇なんてただのギャンブルだと思っていましたが、1度観戦しただけで引き込まれる魅力があり、また行きたいと思うのはなぜだろうかと自問自答しました。

海の上の開放感とスピーディー感が競艇ならではの魅力

競艇は海の上で勝敗を競い合うゲームであり、饗場や競輪は陸の上での競い合い、たったそれだけの違いなのに、競艇は海の潮風に吹かれて開放的な気分が味わえる上に、舟券が当たればお金が入ってくるのですから、もっと早くこんな楽しみがあることを知っておけば良かったとも思います。

ボートレースの時間はわずか2~3分で勝敗が決まり、観戦するのはほんのわずかなひととき。でもその中で、初めて競艇場に出かけて舟券が当たったのはとてもうれしいことでした。ものすごく大当たりしてたくさん稼いだというわけではありませんが、ちょっとした副収入が増えたのがうれしいですね。

競艇はリスクが高いとこれまで認識していたのですが、舟券は1枚100円から買うことができるので、お金をつぎこむ必要もないし、ハイリターンハイリスクよりもローリターンローリスクで、ほんの少しのお金をボートレースに投資するといったスタンスで、これからも楽しんでいきたいですね。


競艇の初心者の私がボートレース観戦にハマッた理由とは